マイバスヨーロッパ

珠玉の名品から歴史的大発見まで!本物に会いに行く
ヨーロッパ美術館・博物館特集

ヨーロッパ、特に西ヨーロッパには世界中のファンを引きつけてやまない美術館・博物館がいくつもあります。年間1000万人もの観光客が訪れるパリのルーブル美術館を始め、ヴァチカン市国のヴァチカン博物館、ロンドンの大英博物館など、それぞれがバラエティ豊かな超一級のコレクションを誇り、見る人を、「本物だけが放つ世界」へといざなってくれます。世界最大級の美術館から個性あふれる小さな美術館まで、ヨーロッパ珠玉の美術館・博物館を紹介しましょう!

ヨーロッパ美術館を楽しむうえでのポイント

世界の名立たる名作を前に、時を忘れてじっくり鑑賞してみてはいかがでしょうか?

  1. 行く前に見たい作品を決めておく

    巨大美術館、例えばルーブル美術館や大英博物館などを訪れる時には、見たい作品を行く前に決めてしまいましょう。可能なら地図で展示場所まで確認。でなければあまりの広さと数の多さに、目的の作品にたどり着く前にヘトヘトになってしまうかも。まずは見たいものを決め、入場したらまっすぐその作品へ、これが基本です!

  2. 歩きやすい靴で行く

    どんなに小さなところでも美術館では思いのほか歩くものです。これが巨大美術館・博物館になれば、いったいどれほど歩くことでしょう!しかもヨーロッパの美術館は、段数は少なくとも、階段が何か所もあるところが多いので、本当に歩きます。ですから、ぜひ履きなれた歩きやすい靴で訪問しましょう。

  3. まずトイレに行ってから美術館へ

    年間1000万人が訪れるルーブル美術館、550万人の大英博物館、500万人のヴァチカン博物館、とヨーロッパの美術館には世界中から本当に多くの人が訪れます、が、それだけ来館者が多いということは、当然トイレが大変混んでいる…のです。まずはトイレに行き、それから入場しましょう。

  4. できればガイディングツアーがオススメ

    何しろ世界の「宝」、超一級の作品や発掘品などが目白押しなのです。もし時間などに余裕があれば、その価値や背景、作品に関するエピソードなどを解説してくれるガイディングツアーに参加されることをお勧めします。作品を見るだけではわからない、素晴らしい「本物だけの世界」が眼前に広がるかもしれません。

  5. 建物も楽しむ

    目的の作品を求めつい、壁ばかりを見てしまいがちですが、ちょっと疲れたら天井や床、階段の手すりなどにも目を移しては。ヨーロッパの美術館は建物そのものも歴史的芸術的作品なのです。ヴァチカン博物館のらせん階段やウィーン美術史博物館の素晴らしい内装など、建物も思い切り楽しんでみましょう。

  6. 美術館カフェも個性的

    美術館が芸術作品並みに力を注いでいるのが(?)、それぞれの個性的なカフェです。内装はもちろん店内からの風景や照明、そしてもちろんメニュー内容まで凝りに凝ったカフェも少なくありません。混雑していることもあるのですが、チャンスがあったらぜひ美術館カフェを楽しんでみては。

  7. 残念ですが…盗難に気をつける

    来館者でごった返すなかで、ふと置いた荷物が一瞬のスキに…などの置き引きや、気がついたらバッグが開けられ財布が…などの残念な被害が見学の中で報告されています。貴重品や必要以上のお金は持たない、バッグは脇で抱えるように持つ、などの注意をしましょう。

パリ

  • 展示品はさることながら美術館そのものも芸術作
  • 館内はいつも多くの人で賑わっていて入場口に長蛇の列ができることもしばしば

ルーブル美術館

おすすめ度:
★★★★★
来館1000万人を誇る世界最大の美術館。所蔵作品は約38万点、そのうち3万点超を定期的に入れ替えながら展示しています。世界中からの来館者で、館内はいつも多くの人で賑わっていて入場口に長蛇の列ができることもしばしば。それでも中に入れば、6万m2という広さと高い天井とで思いのほか作品を見やすく、椅子も多く配置されていますので、疲れたら好きな作品の前でちょっと座ってのんびり眺めることもできます。ぜひ一度は訪れたい世界一の美術館です!
鑑賞できる有名作品
  • 「7月28日-民衆を導く自由の女神」(ドラクロワ)
  • 「モナ・リザ」(レオナルド・ダ・ヴィンチ)
  • 「ナポレオンの戴冠」(ダヴィッド)
  • 「サモトラケのニケ」(作者不詳・彫刻)
  • 「ミロのヴィーナス」(作者不詳・彫刻)
  • 「レースを編む女」(フェルメール)
  • 「カナの婚礼」(カリアーリ)
  • 「ダイヤのエースを持ついかさま師」(ドラトゥール)
  • 「瀕死の奴隷」(ミケランジェロ・彫刻)ほか
URL http://www.louvre.fr/jp
開館時間 月・木・土・日9~18時、水・金9~21時45分
休館日 毎週火曜日、1/1、5/1、12/25
マイバスツアーで参加するメリット
  1. 知識と経験豊富な日本語ガイドが必見の作品を中心に、奥深い作品世界を解説します。また広い館内を効率よくご案内いたします。
  2. 館内は多くの人で賑わっていますが、ガイドの説明をより聞きやすいようイヤホンをお渡ししています。少しガイドから離れていても、聞きもらさず作品を楽しめます。
  3. 団体用入口を利用しますので、よりスムーズに入場できます。
マイバスガイドから一言!

フランスで最も豪華絢爛で凝縮された建築様式の宮殿です。 ロワール、フォンテーヌブロー、ルーブル((王宮))そしてベルサイユ等の城を訪れ建築とともに芸術そして時代の歩みを感じて下さい。

世界に冠たるルーブル美術館は3万点以上の作品が展示されており、1日では見尽くすことができません。このコースでは、必見の作品である「ミロのビーナス」「サモトラケのニケ」、レオナルド・ダビンチの「モナリザ」、ダヴィッドの「ナポレオンの戴冠式」、ドラクロワの「民衆を率いる自由の女神」などを中心に観賞し、日本語ガイドが丁寧に解説いたします。

世界に冠たるルーブル美術館は3万点以上の作品が展示されており、1日では見尽くすことができません。このコースでは、必見の作品である「ミロのビーナス」「サモトラケのニケ」、レオナルド・ダビンチの「モナリザ」、ダヴィッドの「ナポレオンの戴冠式」、ドラクロワの「民衆を率いる自由の女神」などを中心に観賞し、日本語ガイドが丁寧に解説いたします。

  • ルイ14世が富と歳月を注いだ世界最大級の宮殿
  • 豪華絢爛そのものの宮殿内は必見

ベルサイユ宮殿

おすすめ度:
★★★★★
ルイ14世が富と歳月を注いだ世界最大級の宮殿。フランス王朝のさまざまな歴史と逸話に満ちていると同時に、その後のヨーロッパ政治にとって重要な政治の舞台でもありました。豪華絢爛そのものの宮殿内と、贅を尽くされた家具や調度品の中を歩くだけで、当時の様子が思わず目に浮かんできそうです。ルイ14世のお気に入りだったという広大な庭園もあります。
鑑賞できる有名作品
  • 鏡の間
    73mの回廊に357枚もの鏡が貼られる、もっともあでやかな空間です。
  • ヘラクレスの間
    王の7つの居室のうちの1つです。壮大な天井画は見ごたえがあります。
  • 王妃の寝室
    贅の限りと尽くした装飾がすばらしい寝室です。王妃が多くの時間を過ごした部屋で、革命時のエピソードにも満ちています。
  • 戴冠の間
    「ナポレオン1世の戴冠式」(ダヴィッド作)が飾られています。かつては王妃の衛兵が待機する部屋でした。
  • 王室礼拝堂
    王が侍従らとともに日々の礼拝を行っていた部屋。「王は神に選ばれた者であり、特別な儀式を経て王は神の代理人となる」というフランス絶対王政の思想を多くの絵画で表現しています。
  • 庭園
    ルイ14世が特にこだわったという広大な庭園で、「庭園案内の手引き」まで作ったほどでした。左右対称のシンメトリーな構造が印象的です。
URL http://jp.chateauversailles.fr/jp/the-palace-
開館時間 *4/1~10/31
火~日曜 9~18時30分(入場券窓口~17時50分)
*11/1~3/31
火~日曜 9~17時30分(入場券窓口~16時50分)
休館日 毎週月曜、1/1、5/1、11/11
マイバスツアーで参加するメリット
  1. ベテランの日本語ガイドが宮殿内の見どころを詳しく解説します。知識とユーモア溢れるエピソードで、宮殿見学の面白さが倍増します。
  2. イヤホン装着でガイドの声をもらさず聞き取ることができます。宮殿内は世界中の観光客で大変混雑していますが、イヤホンがあれば、ガイドから少し離れてしまっても大丈夫です。
  3. パリ中心から宮殿前までバスで効率よく訪れます。パリ郊外にある宮殿へ個人で訪れるには、国鉄や地下鉄利用となりさらにそれぞれの駅から宮殿入口までは15~20分程度歩きますので、移動に不安のある方にはオプショナルツアーへの参加がオススメです。
  4. チケット売り場に並ぶ必要ありません!個人向けのチケット窓口は1年を通じて大変混雑していますが、マイバスのツアーでは団体用の入り口から入場しますので、よりスムーズな入場が可能です。
マイバスガイドから一言!

フランスで最も豪華絢爛で凝縮された建築様式の宮殿です。 ロワール、フォンテーヌブロー、ルーブル((王宮))そしてベルサイユ等の城を訪れ建築とともに芸術そして時代の歩みを感じて下さい。

ルイ14世が巨万の富と50年もの歳月をかけて築いた世界最大級の宮殿のひとつ、ベルサイユ。その絢爛豪華な内装と数々の歴史の舞台となった室内を、日本語ガイドとともに見学します。世界中の観光客で混雑する日も少なくないベルサイユですが、ガイドの声がよく聞こえるイヤホンを装着してのご案内ですので、聞き漏らすことなく楽しんでいただけます。

ルイ14世が巨万の富と50年もの歳月をかけて築いた世界最大級の宮殿のひとつ、ベルサイユ。その絢爛豪華な内装と数々の歴史の舞台となった室内を、日本語ガイドとともに見学します。世界中の観光客で混雑する日も少なくないベルサイユですが、ガイドの声がよく聞こえるイヤホンを装着してのご案内ですので、聞き漏らすことなく楽しんでいただけます。

ロンドン

  • 世界最大級の博物館でありながら入場料は無料。アートの街ロンドンならでは
  • 歴史的に重要な発掘品や超一級の美術工芸品は一見の価値あり

大英博物館

おすすめ度:
★★★★★
800万点もの収蔵点数を誇る、世界最大級の博物館。大英帝国の最盛期、18~19世紀に世界各地から集められた、歴史的に重要な発掘品や超一級の美術工芸品などが揃っていて、1日で回るのはほとんど不可能かもしれません。入場料が無料というのも大きな特徴で、世界中から年間550万人以上が来館します。
鑑賞できる有名作品
  • ロゼッタストーン
    エジプト考古学史上最大の発見と言われている石です。古代エジプトの象形文字が書かれています。ナポレオンがエジプトに遠征に行った時にロゼッタという町で発見、持ち帰ったものです。
  • ラムセス2世の胸像
    高さ約2.6m、重さなんと7トンを超える巨大な胸像です。ナポレオンはあまりの重さに、持ち帰るのを断念したとか。
  • パルテノン神殿の彫刻
    ギリシャ・パルテノン神殿を飾る彫刻群です。本家のパルテノン神殿にあるものの半数はレプリカで、大英博物館にあるものが本物だそうです。
  • 古代エジプトのミイラ
    王族のミイラから、なんとワニやネコのミイラまである、大英博物館の大人気展示品。
URL http://www.britishmuseum.org/visiting.aspx?lang=ja
開館時間 休館日を除く毎日開館9~17時30分(金曜除く)
金曜9~20時30分
休館日 1/1、12/24-26
マイバスツアーで参加するメリット
  1. 現在約50人いる英国公認日本語ガイドがご案内します。ライセンスに裏打ちされた、深い知識や情報量の多さが魅力です。
  2. イヤホンをお配りしますので、ガイドから少し離れていても話を聞きもらすことがありません。
  3. 日本語でのご案内ですので理解がいっそう深まります。また質問などもお気軽にどうぞ。
マイバスガイドから一言!

欧米人の古代文明の探求は、元々は旧約聖書が現実の物語であることを証明するために始まったのをご存知ですか?世界最大・人類数十万年の歩みをつづる広大な博物館の展示室は常に変化していているため、ご自身で歩いて見たかったものがなかなか見つからない、という声もよく聞きます。また、欧米人向けの説明を直訳したガイドブックや音声ガイドでは断片的で分かりにくい部分が多々あります。私たちガイドは、日本人の方向けにどなたでも楽しめる解説で分かりやすくご案内しますので、膨大なコレクションを効率よくしかも存分に堪能していただけると思います。

膨大なコレクションを誇る大英博物館。日本人ガイドがわかりやすく見どころを絞って案内しますので、2時間のツアーですが見ごたえ十分です。またイヤホンをお渡ししますので、ガイドの話を聞きもらすことなく展示をお好きなところから見ることができます。

ローマ

  • 古代オリエントから現代美術まで15万点以上の作品
  • 見るには1週間はかかると言われる膨大な展示品

ヴァチカン博物館

おすすめ度:
★★★★★
歴代ローマ法王が絶大な権力と圧倒的な資金で蒐集した、超一級のコレクションです。24もの美術館からなるこの博物館は、古代オリエントから現代美術まで15万点以上とも言われる多様な作品を収蔵。キリスト教芸術はもちろんですがローマ時代など古代の作品も大変見ごたえがあります。図書館や礼拝堂なども一部公開され、膨大な展示品をすべて見るには1週間はかかると言われるほどです。
鑑賞できる有名作品
  • システィーナ礼拝堂の天井画「天地創造」と壁画「最後の審判」(ともにミケランジェロ)
  • 「アテネの学堂」(ラファエロ、ラファエロの間)
  • 「ラオコーン像」(ピオ・クレメンティーノ美術館)
  • 「キリストの変容」(ラファエロ、ピナコテッカ)
  • 「ベルヴェデーレのアポロン」(ピオ・クレメンティーノ美術館)
URL http://www.museivaticani.va/
開館時間 月~土曜9~18時
休館日 日曜
マイバスツアーで参加するメリット
  1. 並ばずに団体入口から入場できます。
  2. 膨大な収蔵品の中から、必見の作品をポイントを押さえて見学します。無駄なく効率よく見学できます。
  3. 知識と経験豊かな日本語ガイドが、さまざまなエピソードを交えながらじっくり解説します。作品や博物館への理解がより深まり充実の見学です。
マイバスガイドから一言!
  • ツアー解散場所がサンピエトロ寺院の玄関前(水曜日などのミサがおこなわれる日を除く)なのでそのまま寺院に並ばず入ったり、クーポラに登ることができます。
  • 美術館をでなければ閉館時間まで居ることができます。レストランやバールで食事もできます。
  • ヴァチカン郵便局から手紙を送ることができます。

歴代ローマ法王のプライベートコレクションが集められたヴァチカン博物館を、ベテラン日本語ガイドとともにじっくり鑑賞します。専用入口から入場するため並ぶ必要はありません。ガイドは美術作品の解説を、イヤホンを通じて行いますので混雑時も説明を聞き逃す心配もありません。

バルセロナ

  • 13~14世紀のゴシック様式の宮殿を改装した美術館
  • ピカソの画風の変遷に注目

ピカソ美術館

おすすめ度:
★★★★☆

13~14世紀のゴシック様式の宮殿を改装したピカソ美術館では、幼少期から老年期に至るまでの、ピカソの画風の変遷をじっくりと見ることができます。特に青年期の作品はピカソの早熟の「天才」をさまざまに感じとることができます。4200点もの収蔵品の多くは、友人サバルテスに献呈されたものです。

鑑賞できる有名作品
  • 「科学と慈愛」
  • 「待つこと (La Espera)」
  • 「カナルス婦人の肖像」
  • 「道化役者 (Arlequín)」
  • 「宮廷の侍女たち」の連作
URL http://www.museupicasso.bcn.cat/en/
開館時間 火~日曜9~19時
木曜9~21時30分
休館日 月曜、1/1、5/1、6/24、12/25、12/26
マイバスツアーで参加するメリット
  1. とっつきにくい印象もある抽象画ですが、知識と経験豊かな日本語ガイドが、わかりやすく解説します。芸術の世界が思わず広がる、楽しいひと時です。
  2. 集合場所から美術館まで歩きます。賑やかな旧市街を、ガイドのエピソードを聞きながらの散策です。
マイバスガイドから一言!

ピカソの青年期の作品がこれだけ集まっているのはここだけ!
作品を通してピカソの類稀なる才能を感じることができます。

バルセロナでさまざまな芸術的刺激を受けたピカソの、若いころの作品を中心に、じっくりと観賞します。知識と経験豊かな日本語ガイドが丁寧にご案内します。

バルセロナにゆかりの深い天才画家、ピカソとミロの美術館を効率よく訪れます。知識と経験豊かな日本語ガイドが、作品をじっくり解説いたします。

  • 収蔵品はミロの絵画や彫刻のほか現代アートなど
  • 大半はミロ自身が寄付した作品

ミロ美術館

おすすめ度:
★★★★☆

ミロ自身の発案により1975年にモンジュイックの丘にオープンしたミロ美術館。ミロの絵画や彫刻のほか現代アートなど約1万点が収蔵されている、コンテンポラリー美術館です。作品の大半は、ミロ自身が寄付したものです。明るい色彩と単純化されたモチーフの作品を見ていると、抽象画は難しくて…という方でもなんだか楽しくなってくるかもしれません。ピカソに「永遠の子供」と評されたミロですが、地元の小学生たちが美術の授業で見学に来ていることもあるとか!

鑑賞できる有名作品
  • “Man and woman in front of a pile of excrement”
  • “Chapel of Saint Joan d’Horta”
  • “El Pedicuro”
  • “Mujer soñando con la evasión (逃亡を夢見る女)”
  • “Moon bird”(彫刻)
  • “The foundation tapestry”(タペストリー)
URL http://fundaciomiro-bcn.org/
開館時間 火~日曜9~19時
木曜9~21時30分
休館日 月曜、1/1、5/1、6/24、12/25、12/26
マイバスツアーで参加するメリット
  1. とっつきにくい印象もある抽象画ですが、知識と経験豊かな日本語ガイドが、わかりやすく解説します。芸術の世界が思わず広がる、楽しいひと時です。
  2. 集合場所から美術館まで歩きます。賑やかな旧市街を、ガイドのエピソードを聞きながらの散策です。
マイバスガイドから一言!

ミロの作品数は世界一の美術館です。また、コンテンポラリーアート美術館としての一面もあり、ミロ以外の作品も見逃せません!

バルセロナにゆかりの深い天才画家、ピカソとミロの美術館を効率よく訪れます。知識と経験豊かな日本語ガイドが、作品をじっくり解説いたします。

ミュンヘン

  • ヨーロッパを代表する名画が集約されたアルテピナコテーク

アルテピナコテーク

おすすめ度:
★★★★☆

1981年に完成したノイエピナコテーク(新絵画館)。ポストモダン様式の明るい建物にふさわしく、18~20世紀の作品を中心に展示しています。中でもドイツ・ロマン派やナザレ派などのドイツ近代絵画、モネやセザンヌなどの印象派の作品な見ごたえがあります。ルートヴィヒ1世時代に建てられた建物は第2次世界大戦でほとんど破壊され、取り壊しを余儀なくされました。

鑑賞できる有名作品
  • 「テ・タマリ・ノ・アトゥア(神の子)」(ゴーギャン)
  • 「アルジャントゥイユの橋」(モネ)
  • 「自画像」(セザンヌ)
  • 「波間のたわむれ」(アルノルト・ベックリン)
  • 「マルガレーテ・ストンボロー=ウィトゲンシュタイン」(グスタフ・クリムト)
URL http://www.pinakothek.de/en/home
開館時間 水曜10~20時
木~月曜10~18時
休館日 火曜、カーニバルの火曜(毎年変動)、5/1、12/24~25、12/31
マイバスツアーで参加するメリット
  1. 知識と経験豊かな日本語ガイドが丁寧に解説します。作品それぞれの世界観や背景が理解できると、絵画を見る喜びが倍増します。
  2. 膨大なコレクションの中でも必見の作品を効率よく見学します。
  3. 18世紀以前の作品(アルテピナコテーク)、19世紀以降の作品(ノイエピナコテーク)、と時系列に沿って見ることで、画法や技術の変遷などがいっそう理解できます。
マイバスガイドから一言!

現存する6点のゴッホの「ひまわり」のうちの一点がノイエピナコテークに展示されています。

ミュンヘンを代表する美術館であるアルテピナコテークとノイエピナコテークを半日で効率よく見学いたします。ヨーロッパを代表する名画が集約されたアルテピナコテーク。ドイツで有名なデューラーやクラナハのほか、オランダやイタリアなどの名画がご覧いただけます。ノイエピナコテークは19世紀以降のヨーロッパ絵画が中心で、フランス印象派の名画などが展示されています。

  • ノイエピナコテークは19世紀以降のヨーロッパ絵画が中心

ノイエピナコテーク

おすすめ度:
★★★★☆

1981年に完成したノイエピナコテーク(新絵画館)。ポストモダン様式の明るい建物にふさわしく、18~20世紀の作品を中心に展示しています。中でもドイツ・ロマン派やナザレ派などのドイツ近代絵画、モネやセザンヌなどの印象派の作品な見ごたえがあります。ルートヴィヒ1世時代に建てられた建物は第2次世界大戦でほとんど破壊され、取り壊しを余儀なくされました。

鑑賞できる有名作品
  • 「テ・タマリ・ノ・アトゥア(神の子)」(ゴーギャン)
  • 「アルジャントゥイユの橋」(モネ
  • 「自画像」(セザンヌ)
  • 「波間のたわむれ」(アルノルト・ベックリン)
  • 「マルガレーテ・ストンボロー=ウィトゲンシュタイン」(グスタフ・クリムト)
URL http://www.pinakothek.de/en/home
開館時間 水曜10~20時
木~月曜10~18時
休館日 火曜、カーニバルの火曜(毎年変動)、5/1、12/24~25、12/31
マイバスツアーで参加するメリット
  1. 知識と経験豊かな日本語ガイドが丁寧に解説します。作品それぞれの世界観や背景が理解できると、絵画を見る喜びが倍増します。
  2. 膨大なコレクションの中でも必見の作品を効率よく見学します。
  3. 18世紀以前の作品(アルテピナコテーク)、19世紀以降の作品(ノイエピナコテーク)、と時系列に沿って見ることで、画法や技術の変遷などがいっそう理解できます。
マイバスガイドから一言!

現存する6点のゴッホの「ひまわり」のうちの一点がノイエピナコテークに展示されています。

ミュンヘンを代表する美術館であるアルテピナコテークとノイエピナコテークを半日で効率よく見学いたします。ヨーロッパを代表する名画が集約されたアルテピナコテーク。ドイツで有名なデューラーやクラナハのほか、オランダやイタリアなどの名画がご覧いただけます。ノイエピナコテークは19世紀以降のヨーロッパ絵画が中心で、フランス印象派の名画などが展示されています。

ウィーン

  • ヨーロッパ三大美術館のひとつ
  • その風格、質の高い収蔵品は見ごたえ満点

ウィーン美術史博物館

おすすめ度:
★★★★★

パリのルーブル、マドリッドのプラドに並びヨーロッパ三大美術館の一つとされ、その風格、質の高い収蔵品で世界的に知られています。特にオランダ、フランドル、ドイツ、イタリア、スペインなどの作品が充実し、ブリューゲルやデューラー、クラナッハ、ルーベンスなど見ごたえがあります。中でもブリューゲルのコレクションは世界一を誇ります。

鑑賞できる有名作品
  • 「農民の結婚式」(ブリューゲル)
  • 「雪景色の中の狩人たち」(ブリューゲル)
  • 「画家のアトリエ」(フェルメール)
  • 「青いドレスのマルガリータ王女」(ベラスケス)
  • 「草原の聖母」(ラファエロ)
  • 「ゴリアテの首を持つダヴィデ」(カラヴァッジョ)
URL http://www.khm.at/en/?cHash=dfb045333efd096a1ea1afd262c4a608
開館時間 火~日曜10~18時
木10~21時
休館日 月曜
マイバスツアーで参加するメリット
  1. 膨大なコレクションの中から必見の作品を、日本語ガイドとともに効率よく見学します。限られた時間の中でも充実した美術鑑賞を楽しめます。
  2. 芸術に造詣の深い日本語ガイドが、丁寧に作品を解説します。それぞれの作品の意味や背景、時代などを知ると、作品を知る喜びが倍増することでしょう。
  3. ツアー終了後は館内での解散となります。閉館まで作品を存分に楽しんだり、ショップで買い物をしたりと、自由にお過ごし下さい。
  4. 美術館まで散策しながら歩いていきます。ガイドのエピソードたっぷりの解説で、街並みをお楽しみ下さい。
マイバスガイドから一言!

門外不出のブリューゲルの名作12点、フェルメールの『画家のアトリエ』はウィーンでしか見ることが出来ません!

ハプスブルグ家の世界屈指のコレクションのうち、このツアーでは日本語ガイドが絵画部門をご案内いたします。ブリューゲルをはじめ、ルーベンス、レンブラント、デューラーなどヨーロッパ美術史の代表傑作の数々をお楽しみいただきます。ツアーは館内解散となりますので、解散時間から閉館時間まで自由にご見学下さい。途中館内のカフェで、コーヒーとケーキをご用意しています。